ホーム 概要 設立の趣旨 定款 活動内容 活動の記録 入会案内

個人情報保護方針

(基本方針)
第1条 一般社団法人バリア研究会(以下、当法人という)は、個人情報の適正な取扱いを確保するために当法人が講ずべき措置について、その適切かつ有効な実施を図るため必要な事項を定め、継続的に実施する。

(個人情報の定義)
第2条 個人情報とは、当法人の正会員、賛助会員、講演会等の参加者に関する情報であって、当該情報を構成する会員等の氏名(名称)、住所、電話番号、電子メールアドレス、会員番号、勤務先、勤務先住所、勤務先電話番号、勤務先電子メールアドレス、その他の記述等により当該会員を識別できるものとする。

(個人情報の取得)
第3条 当法人は、個人情報の取得にあたっては、入会申込書、講演会参加申込書等の書面または電子メールによる申込手続きの方法により、適法かつ公正な手段で行う。

(開示・訂正)
第4条 当法人が保有する個人情報は、原則として会員本人に限り、開示を求めることができる。
2 個人情報の開示の結果、誤った情報があった場合、会員は当法人に対し、書面または電子メールにて訂正・削除の依頼をすることができる。
3 前項に基づく依頼があった場合、当法人は、事実確認をしたうえで速やかに対応する。

(訂正・利用の停止)
第5条 会員は、当法人が保有する個人情報の訂正、追加又は削除を希望する場合、書面または電子メールにて依頼しなければならない。
2 前項に基づく依頼があった場合、当法人は、事実確認をしたうえで速やかに対応する。

(利用目的)
第6条 当法人は、取得した個人情報を次の目的で利用する。
 (1) 当法人が主催する勉強会・講演会等の運営・管理のため
 (2) 会誌等の送付先の管理のため
 (3) 会員名簿等、各種名簿の作成のため
2 前項の他、当法人の定款第3条に定める事業を達成するため必要な範囲内で個人情報を利用する。
3 第1項の利用目的の範囲を超えて利用する場合、当法人は、事前に会員に対し、利用目的を通知の上、会員の同意を得なければならない。

(利用目的の変更)
第7条 当法人は、前条の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲内で利用目的を変更することができる。
2 利用目的を変更した場合は、これを会員に通知又は当法人ウェブサイトにて公表する。

(情報内容の正確性の確保)
第8条 当法人は、個人情報について、利用目的の達成に必要な範囲において、正確かつ最新の内容に保つよう努めるものとする。

(委託先の監督)
第9条 当法人が保有する個人情報について、その取扱いを外部に委託する場合は、個人情報の保護に十分な措置を講じている者を選定し、委託先に対し必要かつ適切な監督を行う。

(第三者への提供)
第10条 個人情報を第三者に提供する場合は、あらかじめ会員本人に同意を得て行う。ただし、法令に基づく場合や、人命、身体又は財産などの保護のために必要な場合は、この限りではない。

(方針の改正)
第11条 本方針の改正は理事会の決議による。

(附則)
1 本方針は、当法人設立の日から施行する。

 
ページトップ
Copyright(C) 2010-2018 Japan Barrier Society All Rights Reserved.